トルコリラのニュース

トルコの動向やトルコリラの行方をチェック・予想しても無意味

エルドアンがトルコ大統領になったせいなのか、トルコリラを気にしだしたからかどちらが原因かは分からないがトルコのニュースを耳にしたり目にすることが増えた気がする。

 

昨日は、トルコからのドイツへの移民は交渉のための圧力だかなんだかんだ・・・という記事の見出しをどこかのニュースサイトで見かけた。

記事は読んでないし、見出もうろ覚えなので間違ってたら申し訳ないが、日々、細かいトルコのニュースを気にしても意味がない。ニュースを知ったところでトルコの未来やトルコリラのチャートの動きが予想できるわけでもないからだ。
予想できる能力がある人は、為替差益を狙うトレードをしたほうがよっぽど効率的に稼ぐことができると思う。

長期スワップに興味を持った時点で、為替差益を狙うトレードには失敗した、もしくは思うように稼げないという人が大半だと思っている。だから敢えてそういう方に向けたタイトルにしてみた。自分自身に言っているようなものでもある。

情報を完全スルーするのがいいという訳ではないが、どっちみち予想がつかないし、毎日経済に触れて、毎日経済を勉強していて、それなりに地頭が良さそうなアナリストでさえ予想を外すのだ。予想が面白いほど当たるならアナリストなんかやってないというがその通りだと思う。

スワップというある意味、そういった日々の経済分析や予測を避けた手法をやっている以上、「俺の予想は当たる!」と自信を持っている人はいないだろう。なので、トルコが~、エルドアンが~というニュースを欠かさずチェックしても一喜一憂、振り回されるだけで無意味どころか、害があるのではないかと思える。

 

唯一できることは資金管理だけだ。

資金管理といえば、ラルフ・ビンスの鉄板本があるが、ラルフ・ビンスの資金管理大全 ここまで大げさなことは必要なく、自分の中でここまで下げたら仕方がない・・・と納得できる価格を自分で設定してそこまでは耐えられるよう、ロスカットされない範囲内で投資していくだけだ。僕の場合は20円前半設定なので、1枚につき今の価格で言うと7~8万円の余剰金が必要だ。
でも実際に下げていないうちからそんなことをやっていると資金効率が悪いので、(いや、実際にはそれでもびっくりするくらいの年利だが)、証拠金が少なくて済むFXプライムbyGMOをメインにして20円後半で狩られるくらいのポジションを取っている。必要証拠金は1枚で12800円。
下げだしたら、資金追加が必要になるのでそれも計算の上だ。

 

トルコリラは金利が高いから日本円とのスワップがマイナススワップになる可能性は今は皆無だし、目先の0.5%程度の金利変化やトルコの経済指標なんか気にしても仕方がない。無駄に疲れる

 

ブログタイトル全否定だな・・・

 

あ、分析が出来て予想ができる人は別ね。