トルコリラ円積立てポジション

トルコリラがなんだかやばいが、いつもそうだった

通貨防衛かなんかで1000%のオーバーナイト金利

トルコリラ不足、トルコリラを得るためにはトルコ株を売るしかないという流れになったらしくトルコリラの下落を生んだようだ。
これはおなじみエルドアンの政策ということと世界に例を見ないようなぶっ飛んだ政策ということだけはわかった。

それ以上の詳しい理屈や出来事は調べるのも面倒だし理解できるかも怪しいのでいつものように触れない。

リラ求めトルコ資産投げ売り-当局がスワップレート急騰招く

外国勢によるリラ空売りを防ぐため流動性提供しないよう政府が圧力
「この市場を21年間見ているが、こんなことは初めて」-リマー氏

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-27/PP0WR16KLVR401

 

トルコリラに興味を持って以来4年弱。
まあいつでもトルコやトルコリラには悪いニュースが付きまとっていた。
それは今までの長期にわたる下落チャートを振り返れば実感できるかもしれない。

これは過去の記事で使った画像だけど、そういえばこれに2018年の枠をつけたバージョンを作ってみないとだ。2015、2016と毎年下落幅が小さくなっているのが分かるが、2015年は54円と金額の数字が大きいだけなので実質的な下落率はこのサイズだけでは比較できない。

エルドアン大統領が就任したことによる失望売り、エルドアンがアメリカと仲が悪くなった、とんでもない経済政策、シリア、ISIS問題。などそういったニュースでいつも賑わっていたトルコ。こないだの金利25%にはびっくりしたが、「なんかよく分からんけどいつも通り無茶してるな~」という感想だ。
そうなるとあれがこうなって経済が低迷して・・・などという想像は出来ない。よくわからないから。それくらい無神経というか知識がないほうがトルコリラと関わるのなら良いと思う。

常識で考えるとこんな不安定すぎる新興国通貨に投資、しかもトルコとかやべーというのがスタンダードのようだ。

でもヤバイところにチャンスがあるのも事実なので余計気になってしまう。
将来を考えると日経に投資するよりはトルコリラ!という考えは変わらない。

とりあえず、トルコリラスワップは魅力があるが、安心安全とは程遠い投資ということは覚えておきたい。