投資心理-FXについて思うこと

トルコリラは長期投資なので長い目で見よう

トルコリラは月1で少し買いながら5年放置

というくらいが良い。

トルコリラ円はドル円に比べスワップが広いし頻繁に売買するのには向かない。みな長期で考えていると思う。

長期で考えるなら、日々のチャートは見ないほうが精神的にいい。チャートを見ていると変に買いたくなったり売りたくなったりしてしまい、心が疲弊する。

ここ最近の下落&下落で疲れてしまった人も多いかと思う。
結果的にロスカットされるか、反転上昇して報われるかは誰にも分からないのに心配して疲弊するのは無駄だ。

 

そのためにはどうするか

 

トルコリラから離れれば良い。

 

日々のニュースやチャートで分析して予測が正確に出来るようになるような人ならこまめにチェックするべきだが、そうでもない凡人は悪いニュース、良いニュースで一喜一憂しないほうがいい。感情主体のトレードになってしまうので良い結果が生まれにくくなる。

恐怖感から底値で手放して、少しの上昇で慌ててまた買い直して・・・というパターンにはまるかもしれない。(体験談)

これは下落相場だけに言えることではなく、上昇相場でもそうだ。こまめにチャートを見ていると、「ここはとりあえずの頂点に思えるな。ここはいったん売るか!(喜)。このあといずれ下落するからそこで買い増ししよう。」と売りたいから、利益を確定したいからそういう思考で売ってしまう。

で、置いて行かれて慌ててまた売値より高く買い直す。
で、そのあと下落して・・・・(体験談)

チャートに振り回されがちだなという人はあまりチャートを見ないほうがいいということだ。特にスワップ目的で買っているのだからなおさらだ。

多分、「買って数年気絶」というのが素人スワップ派にとっては1番勝率が高いのではないだろうか。

もちろん、ロスカットされない基準の保有枚数にとどめておくことが前提。チャートを見ていると、なんか買い増しできそうだな。と当初の予定より多めにポジションを持ってしまいがちだがこれもチャートを見ないことによって防げる。

 

長期保有に適したFX業者ベスト4はこちら