トルコリラの現状と今後の見通し

トルコリラチャート、嫌な形になる。しばらくは再下落か。

大きな下ヒゲからのトンカチ?

非常に嫌な形のチャート、トンカチが出現。

 

チャートは不思議なもので当たる時は当たる。
当たる時は当たるという程度の的中率で不思議なものだ・・とは言えないが。

移動平均でもフィボナッチでもテクニカルは当たる時はキレイに当たる。
ポンド下落の時は161.8%の線で何度もキレイに止まるのを見た。

当たる当たると何度も使ってしまったので占いみたいな感じになってしまったが、単に「キレイに止まった!」というのを見ると印象深いのでそう思うだけかもしれない。どっちにしても、半々、いや、贔屓目に見て60%当たるといっても40%のハズレで損をしてしまうので、「止まりそうだな」「こうなりそうだな」と思ってもあまり活かせてない。51%以上の確率で当たるテクニカルがあれば勝てる人は勝てるのだろう。(スプレッドとかは考慮せず)

 

 

このチャートの後は、階段のように陰線が数日続きそうな予感がする。
でも底まではいかず、ヒゲの5割、6割下落といった感じか。適当だけど。

暴落前の6日だったか、下がりそうな気がしたので3分の1を利確したので総スワップ利益は分からなくなったが、(その後買い直した)今の時点でのスワップ益は1万円ほど。31円半ばから現在の30円前半の下げで含み損は3万弱。
3ヶ月のスワップポイントで取り戻せるが、大きな下げを見るとスワップポイントは実に頼りないw

積立て期間が浅いから仕方ないといえば仕方ない。
でもスワップポイントで取り戻せるというのは高金利スワップならでは。

 

このまま沈んでいくのか沈んだ後に浮上するのかは分からないが、こういう下落の恐怖の中でも積立てていけるような人が相場に勝てる人なんだろう。(今回も勝てるとは言ってない)

今までは楽観論も多かったと思う。「トルコ自体はヤバイけどスワップで儲かるの?すげえ!じゃあ、とりあえず買おう!トルコリラスワップ運用始めました!!(キラーン)」的な。

 

まだ今は総悲観まではいってないかもしれないが、「トルコリラ?ああ、あったね、もう終わってるよね。みんな大損したし」と皆が言っているような時に買えるような、そういうものにわたしはなりたい…..

 

って、そんな状況、数年前にもあったやん・・・