投資心理-FXについて思うこと トルコリラの現状と今後の見通し

トルコリラ円、我慢できずに買い出動・・・

投稿日:

逆指標になるかもという不安もあるが

トルコリラ円を3万通貨だけ購入した。

 

「買いたくなったから買った」

「(想像上の)利益を逃したくなかった」

 

という投資心理的にはカモの心理である。

とはいえ、思い切って買えない怖さもまだある。
楽観的に買っているわけではないのでセーフなのかもしれない。

 

トルコリラのスワップが気になっている人でもこないだの下落のインパクトが強くてまだ様子見の人が多いのではないだろうか。
「怖いな」と様子を見ている人が多い中飛び込むほうがリスクは少ない。
実際のところ世間の皆がどう判断しているかは分からないので、様子見している人が多い!というのは想像に過ぎない。

チャートが順調に上がっているところを見ると買い戻している人が増えてきているということだろうか。

連日、トルコリラのチャートを気にしてしまっているが、変化をつけて今回はフィボナッチラインを引いてみた。正確に言うとフィボナッチリトレースメントライン。
フィボナッチラインというのはオカルト的というかジンクスのようなものでまったく参考にならないと考えている人も多いだろう。チャートの動きを38.2%,50%,61,8%で区切るというものだ。
なぜその数値なのかというと美しいからだ。
フィボナッチは自然の法則を素にした数値であり、黄金比と呼ばれるものがそうだ。
花はなぜ美しいのか。それは花びらの枚数、形である長さなどが黄金比なのだ。多分。


Wikiのフィボナッチ記事へ

で、それとチャートになんの関係があるの?なんだが特に関係はない。

でも意味有りげに見えてくるので引いてみた。

気になっていたのは急落からの半値戻しがどの程度意識されるかだ。
半値ラインをピンク線を超えたのでそこは安心。

やはりあとは22.30-40辺りまでの攻めかな。

ポンドの下落の中でよく目安になっていたのであまり使わないが気に入っている。

38.2

50

61.3

3本ものラインを引くのでそりゃその線のどっかで動いたとか止まったと感じることはあるだろう、しかし・・・まあフィボナッチの話はもういいだろう。

 

結論としてはチャートで22円くらいまでの戻しを感じたので3万通貨買った。

まあそれだけさ。

モードとしてはまだ完全に短期派だな。

   

-投資心理-FXについて思うこと, トルコリラの現状と今後の見通し

関連記事

トルコリラ円は18円台をうろうろ←だから?ビットコインの情報は!?

以前予想していた丸ラインは重要ポイントだったがそこからは上に跳ねた ビットコインがまた上がってきた。一応目が離せない。 米中の貿易争いがガチで株価、為替、ゴールドなどに大きな動き出てきた。 株のチャー …

5月は1週、2週とも陰線。24円台も現実的に。

考えてみたらトルコリラ25円台でも十分ひどいな。 トルコリラ円に参入した時は32~33円台で、2016年10月からポジションを取り始めた。 今もそうだが、そのときも最安値で、何年もずーっと下がって来て …

機会損失のもどかしさに耐えてこそ花咲くトルコリラスワップ

日経~!!S&P~!!トルコリラより日経だよ 日経もS&Pも、っていうかもう世界的な株高。 株を持って儲かってる人はいいが、投資はトルコリラのみって人もいるかと思う。まあこれはかなり辛 …

ドル円109円に急反転!トルコリラホルダーは持ちっぱでOK

トルコリラの今後は堅調だ。2017年初旬から底固めの時期に入った ここの数ヶ月のチャートを見ると今は安定している 今までも数カ月ほど停滞するチャート期間はあったが、今度の停滞チャートは価格が違う。前よ …

仮想通貨ブームで再認識したトルコリラとの正しい付き合い方

仮想通貨で盛り上がった2017年、トルコリラは30円割れ 仮想通貨に熱を入れてしまってトルコリラを放置していた。 しかしこの放置というのはスワップ派において正しい投資方法だろう。 値動きを気にせず放置 …

2017年10月2週のトリコリラと今後

週足は長い長い下ヒゲからの陽線となり力強い トルコリラは先週月曜日にUSとの揉め事で一時28円台まで急落したものの力強く反発し長い下ヒゲをつけての30円後半まで戻した。 ここまで短期的に急回復するとは …

トルコリラ右肩下がりの月足を3年分振り返る

問題はトルコリラチャートの今後だが・・ 上がるか下がるかは分からない。 もうこれは当たり前のことで仕方がないんだけれど、ほぼ確実に手に入るスワップポイントでトータル的に利益が出るのかが気になるポイント …

2月~3月あたりに新興国通貨の参入チャンスか!

まあいつものように根拠はない。でも世界のお金の行き先ないしな、トルコリラは消去法で選ばれる。 年明けのNY市場も冴えない。アップルの-8%近い下落に連れられS&Pも2-3%の下げ。 細かな反発 …