トルコリラの証拠金・スワップなど運用シミュレーション

トルコリラ20円台で買い増すもロスカットされてしまう場合のシミュレーション

22円まで下落。まずは買い増ししない場合。

すまない、計算ミスしていた。少し訂正!(><)

 

結果は下落速度によって変わるが、なんとなく今まで通りの感じで落ちるという前提。現在のチャートに書き足すとこんな感じ。

この緑のラインでシミュレートだ。

なんとなく引いた割にやたらと自然なチャートに見えて不吉である。

緑のラインがチャート最下部に来た時点で終わりとしよう。
位置的に時期は2020/05、価格は22円。
東京オリンピック間近だ。その頃には仕事に追われずのんびり観戦できる状態でいたいものだ。

「口座残高50万円、保有枚数5枚、スワップは100円」で2017/11/01、30円ジャストからスタートするとする。

スタート時点から買い増しも何もしない場合は5枚で8円の下落なので40万円の含み損
下落まで3年あるのでスワップポイントが加算され、この場合資金不足による途中ロスカットはない。

総スワップポイントは5枚×100円×912日(2年半)=456,000円。

驚きだ。スワップポイントが含み損を上回った!

この最悪っぽいだだ下がりの緑の下落チャートでもロスカットされないどころか利益が出るという意外な結論。

もちろんスワップポイントが減少、下落速度が増せば結果は変わるがなんとも心強いデータだ。

だって、まあまあ嫌なチャートを描いたつもりなのにこの結果。

この先を考えるといずれは時間とともに利益が増えていくだろう。10円まで落ちたとしてもこのチャート角度、速度で落ちるなら同じことだ。
これはもう買うしかなくね?
とりあえずポジションを手放すという選択肢は、このシミュレーションの段階で消えた。

よーし、買い増ししちゃうぞ!!

さて、バカのように、いや果敢に買い増ししたのに無慈悲の下落が続いた場合はどうなるかシミュレーションしてみよう。

焦点は、1枚のポジションが生み出す損失とスワップポイントの比較だ。

枚数が増えれば比例してスワップが増える。逆に見ると、遅れて買い増した分は総スワップが減るが為替損失も減るので同じ結果になりそうだが・・・

毎月10万追加で1枚ポジションを増やすとする。

上記条件での全期間は912日。
買い増しは毎月。
トータル枚数ではなく買い増しした1枚(1万通貨)ごとのスワップと損失という形で計算してみる。
毎月の下落幅は912日かけて8円落ちるのを元に平均値で計算した。※端数は切り捨て。

2017/12      スワップ91,000円  含み損78,200円
2018/01(アケオメ) スワップ88,000円  含み損75,600円
2018/02    スワップ85,000円  含み損73,000円
2018/03            スワップ82,000円  含み損70,400円
2018/04    スワップ79,000円  含み損68,200円
2018/05    スワップ76,000円  含み損65,600円
2018/06    スワップ73,000円  含み損63,000円
2018/07    スワップ70,000円  含み損60,400円
2018/08    スワップ67,000円  含み損57,800円
2018/09    スワップ64,000円  含み損55,200円
2018/10    スワップ61,000円  含み損52,600円
2018/11    スワップ58,000円  含み損50,000円
2018/12    スワップ55,000円  含み損47,400円
2019/01(コトヨロ) スワップ52,000円  含み損44,800円
2019/02    スワップ49,000円  含み損42,200円
2019/03    スワップ46,000円  含み損39,600円
2019/04    スワップ43,000円  含み損37,000円
2019/05    スワップ40,000円  含み損33,400円
2019/06    スワップ37,000円  含み損30,800円
2019/07    スワップ33,000円  含み損28,200円
2019/08    スワップ30,000円  含み損25,600円
2019/09    スワップ27,000円  含み損23,000円
2019/10    スワップ24,000円  含み損20,400円
2019/11    スワップ21,000円  含み損17,800円
2019/12    スワップ18,000円  含み損15,200円
2020/01(2020!!)スワップ15,000円  含み損12,600円
2020/02    スワップ12,000円   含み損10,000円
2020/03    スワップ9,000円   含み損7,400円
2020/04    スワップ6,000円   含み損4,800円
2020/05    スワップ3,000円   含み損2,600円

切り捨てで大雑把な計算をしたのは
まあ誤差ということで・・・

上記、買い増しシミュレーションは総追加30枚
30枚の総スワップポイント193万円
30枚の総含み損116万円

おお!いけるやん!!

買い増しOKですよ。みなさん。


この緑の下落チャートであれば
駄目っぽいのに何もせず耐える、買い増しで損益点が近いので少し利益が出るという結論になりました!!

 

悪いニュースのつもりが思いの外良い結果になって意外。

トルコリラスワップ投資かなりいいな。
まだ口座作ってない人は早く作っておかないと間に合わなくなっても知らんぞーレベル。過去最安値レベルだから。

これ、チャートが横ばいに近かったり、20円まで行かずに折り返して上昇しだしたらもうこれは爆益!!!!?

 

次回は、買い増しが大きく華咲く上昇チャートバージョンをシミュレート。

 

 

当サイト経由の新規登録で最大10,000円のキャッシュバックに加え『3,000円』の上乗せ!

合計すると『最大13,000円』というちょうどトルコリラ円を1万通貨保有できる金額をプレゼント

FXプライムbyGMO

トルコリラを1万通貨保有してしまえば、毎月3,000円分(想定)のスワップポイントが入ってくるので早めに保有したいところ。
トルコリラを始めるか迷っている方にもかなりオススメな企画。シミュレーション的にはゆるい下落なら20円、10円でもセーフなので、キャンペーン期間内に早めにチャレンジしてみては。

さらに詳しくはこちら
FXプライムbyGMO