投資心理-FXについて思うこと

トルコリラ20円台を生き残る知恵。

トルコリラ29円後半なので気が早いが20円台定着なら

やっとというか結局というか、とりあえず29円、つまり20円台だ。

30万円しか入金してないので大口の人にとっては細かい皮算用にしか思えないだろうが、ロスカットされずに乗り切るにはどうすべきか改めて考えてみた。

潔く撤退

不安なら撤退すれば全ての問題は解決する。
スワップポイントのお陰でほぼ損失がない形で退場できる。

トルコのテロやエルドアンの言動にヒヤヒヤすることもない。
肩の荷をおろし、爽やかな秋晴れの中、ドライブに行ってもいい。
含み損を眺めながら過ごすよりよっぽど健康的だ。

でもトルコリラに関わった以上、ノーポジでも今後ちょくちょく気になることがあるかもしれない。トルコの情勢が上向いてきたり、「トルコリラ円、今は40円らしいな。儲かりそうだから買おうかな」とか誰かが口にするのが数年後に耳に入るかもしれない。そのときに「ふーん、懐かしいな」と思えるなら撤退もありだ。

僕の場合は無理だ。必ず後悔する。

「40円っ!!!いやいや30円で持ってたし!君らより早く目をつけていたのだよ!スワップポイントも取り逃したし、超最低!」とちょっとヒステリック女子のように悔しい思いにかられそうだ。

逆に「トルコリラ5円です。」とかなっていたら、まじか、撤退してよかった、恐ろしいな。と安堵するが、割りと薄い反応だと思う。

トルコリラが復活したときの後悔が嫌なので撤退はやめておこう

 

 

 

もう追加購入しない

これは安全策だが前向きではない。
塩漬け株と同じような心境だ。
後からお宝ポジションになるかもしれないチャンスをみすみす逃している可能性もある。

何万通貨か持っていれば諦めていてもスワップは毎日入るわけだし、いずれ損失も相殺される可能性が高い。危険を顧みずに追加購入せず、手放すこともせずにしばらく忘れておくというのもありかもしれない。

バランスが良さそうな対応だ。

 

ここぞとばかりに追加購入!追加購入!

これが出来る人が恐らく数年後に大笑いできる人だ。
大笑いか、ロスカットのどちらかだ。

みなが悲観する中で買いまくる。リーマンショックののショックが抜けきれない失望感、まだ下がるんでは?という中で買いまくった人が大金持ちになったように。

今、トルコリラの良いニュースがまったくない。誰もが下がる。と考えている今はまさにそういうタイミングだ。

これが1番正解っぽいんだろうけど。勇気がいるね。

 

 

タイアップ企画FXプライムbyGMO
ルコリラ口座開設キャンペーン

 

当サイト経由の新規登録で最大10,000円のキャッシュバックに加え『3,000円』の上乗せ!

合計すると『最大13,000円』というちょうどトルコリラ円を1万通貨保有できる金額がプレゼントされます。

FXプライムbyGMO

トルコリラを1万通貨保有してしまえば、毎月3,000円分(想定)のスワップポイントが入ってきますので、早めに保有したいところですね。
また、トルコリラを始めるか迷っている方にもかなりオススメな企画です。1万通貨分が実質お試しで保有できるようなものですから。ぜひキャンペーン期間内に早めにチャレンジしてみてください。

さらに詳しくはこちらFXプライムbyGMO

キャッシュバックも貰える当サイトオススメのFX業者ベスト4を紹介!