トルコリラの現状と今後の見通し

久々にリラポジションを持って改めてチャートを見てみた

なんかとりあえずは18円まで下がりそうに見える

これがトルコリラ円の週足。

上昇どころかむしろ、三回目の下落に向けて体勢を整えました的な。

長期目線で見れば耐えられるなら耐えるほうがお得ではある。
これは株で耐えるのとは違ってもっとメリットが有る。
1日毎にもらえるスワップがあるからだ。
実際に昨日1万通貨のみ買ったが早速320円分のスワップが貰えた。

一旦ポジションを外して、ほどよくチャートが下がったら買い直す。
これが出来れば最高だが、これはもはやチャートが読める人のトレード。
僕には無理だ。

となると、すでに損失に耐える計算をしなければならない。

チャートトレンドで見ると18円までの下落はあるので1万通貨につき2万円の含み損。下落から現価格までの復活が2ヶ月とすれば、その間のスワップポイントは80円×60日=4800円。下落して元値に戻ったただけでもその日数分のスワップ利益が上がってくる。

もちろん、先に上げたように18円が底かどうかは分からないが18円で拾えたとしたら18円から20円までの値幅も取れる。しかし、今手放したとして予想通りトルコリラ円が20円を割って目論見通り18円まで届くかわからない。

トルコリラスワップトレーダーとしては・・・

今までは堪えた人ほど全損。被害が大きかっただけに難しいところだが、とりあえず耐えることを選択する。