投資心理-FXについて思うこと

全員が賛同する投資なんてない

投稿日:2017年10月13日 更新日:

反対意見・悲観論はいつでもどんな投資に対してもある

トルコリラだけに当てはまる話ではないが、皆が、これは買いだ!未来も明るい!安心して買おう!と推すような投資はない。

トルコリラはいけるんじゃないかと思いながら調べるといい情報が目につき、いやいや、やはり危なそうだなと思いながら調べると悪い情報が目に留まる。「やっぱりな、あぶねえわ」とそこで尻込みする人もいるだろう。

 

でも少し引いたものの、まだ興味があって実は買いたい人は、悪い情報を否定してくれるプラスの情報や、明るい未来が期待できるような情報が見たくなり探してしまう。後押しが欲しいわけだ。

そういった検索ワードで探せば見たい情報も見つかるだろうが、「トルコリラはダメだな、あぶねえよ。やめときな」「トルコリラまじやばい、急いで逃げ出せ」という意見が印象深くて気になってしまうこともあるかもしれない。悪い意見もあるようだし、じゃあやめとくか・・・となるようでは、投資は何も出来ない。

 

米国株はリーマンショックで下落したが、それ以前から現在までキレイに上昇している。そんな米国株でも皆が常に肯定していたわけではない。いつでも誰かが不安視したり、否定していたはずだ。いつでも否定する情報は存在する。

否定されつつ気がつけば何倍もの上昇をしている・・・そんな株だらけだ。

大きく稼いだ人達は、皆が不安視している中で勇気を持って(本当に自信があれば勇気は要らないが)飛び込んだ人というわけだ。

 

 

トルコリラスワップ投資を始めたが、トルコリラに関して別に自信があるわけではない。自信があれば1,000通貨単にの積立方式をとらず全力買いしている。
贔屓目に見てもやはり、どちらかと言えばトルコに対しては不安視する意見のほうが多いのではないだろうか。トルコリラ?なにそれ危なそう。トルコってテロとか紛争だらけじゃん?大丈夫?と思われるくらいだろう。

 

そういうタイミングだから逆にチャンスなんじゃないかと感じることもあるが、そのまま日の目を見ないまま終わる可能性もある。ただそうなったとしても地味にスワップポイントはもらえているのだろう。豪ドルもNZドルも未だに日本円に対してプラススワップだ。

 

キャッシュバックも貰える当サイトオススメのFX業者ベスト4を紹介!

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉である。

投資の名言を集めれば矛盾する意味のものもあるので、どれが正しいとか言いきれないし場面によって変わるので、だからどうなのよなるかもしれない。

しかし、この言葉は大きな流れを掴むにはぴったりな名言に思える。

今まで儲かったことがない僕がその例だ。
このブログに来てくれた人も多くはその儲けてない側の例に含まれているんじゃないだろうか。
儲けている人は、個人ブログなど参考にせず自分の意志だけで取引しているのだろう。知らんけど。

個人ブログと書いたけど個人ブログにかぎらず証券会社などのプロアナリストが言ってることも半分は当てにならない。
結局わからないのだ。

ただ自分の(みなさんも)実体験からこの言葉を重ね合わせてみるとしっくりくるのではないだろうか?

特に損をしたことがある人。

その損をした取引にはどういう気持で望んだのだろうか。
きっとウキウキしながら「買う」ボタンを押したのでは?僕はそうだ。へーこれは儲かるんだとなんとなく浮かれて買った馬鹿な買い方をしたこともある。FXも長くやっているが、これは底だ!買いたい!と思って買ったり、これは危ないな・・と思って手放したり。ここは頂点だろう、利益欲しいし・・・などなど、全て自分の感情のままやりたいようにやってきた。なので、ポジションを取る時に怖いなど感じたことはない。

怖いのは買った後下落して損切りできずにどこまで下がるのか・・・と冷や汗をかいているときだ。

つまり、ジョン・テンプルトンの名言に当てはまると、楽観と幸福の時にポジションを取ってきているのだ。
この名言の理屈でいえば、悲観、懐疑の段階で買わないとダメだ。

投資に興味もない友人知人が「儲かっている人もたくさんいるらしいよ」と言い出したら、幸福まで来ている段階だろう。
気持ち的に1番安心して買えるのはその幸福段階だ。

 

みんなが儲かるって言ってるし、
それになにより実際に儲けた人がいる!←これの悪い意味での説得力が最強

 

しかし実際そこで買うとしばらくして急落パターンが多い。
バブルもそうだし、自分が体験したのはリーマン・ショック後の円高からの反転。あとは金が2000ドルを目指して本気で熱い!となってた辺り。株もそういうのが多い。

「日経に載ったら(ブームは)終わり」というのもある。

結局はみなに儲かると思われるような段階に来るともう相場は終わるのだ。勝つ人は、みなが幸福のときに売りに入る。これも気持ち的には辛い。みんながみんな、「持ってるだけで儲かるのにばかだなぁ」「まだまだ上がる」と言いまくっている中、自分でもそうなるならもっと利益欲しいけど。。。と思いながら、欲望に負けず感情を抑え取引を終えているのだ。買うときも辛い、売るときも辛い。これが儲けている人の心情ではないか。

といっても、辛い時に買えば儲かる、幸せなときに売れば儲かる。
というのを何度も経験すると、自信がついてくるので、慣れれば「辛い」気持ちはなくなるだろう。この域に達して自分でも味わってみたい気持ちだ。

 

それまでは、「こんな危ない通貨ほしくないけど・・・ぐぁああ・・誰か止めてくれ・・・」

 

「おい、やめとけって、今後も円高だぞ」
「えーそんなの買わないでTDL行こうよ~♡」
「そんなの買うやついるんだワロタwww」
「ハイレバ!ハイレバ!そっちのほうが安全!」←個人的に賛成

(むしろ止めてくれる、否定するだらけの人が多いタイミングだから)

 

今回、僕は初めて怖いと思う投資をしている。
トルコリラ円だ。プラス要素を見て励まされているが、まあ否定的な意見が多いからね。こないだも28円、29円まで一気に落ちたしw

 

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち・・・

 

いまトルコリラはこの段階だ。(もしくは懐疑の中で下がり・・・)
歴史的最安値更新の流れとエルドアン要素が重なる今、トルコリラは「楽観」状態ではない。
僕みたいなスワップに夢見るブロガーが、ここまで来たら底だ!と言っているが、悲観論のほうが多いだろうし、「底だろう」としか思えてないから僕はまだ4万通貨弱しか所有していない。

 

買うタイミングとしては今年~2018年といい感じだと思う。
スワッパーは売りは基本数年以上考えないから売るタイミングは今は考えない。

相場は欲張りの心に生まれ、楽観で少し育ち、不信感の中で腐敗し、絶望感の中で消えていく

楽観~幸福の間で売れる人ならそのタイミングでもいいと思う。
売る時は辛いが買うのは楽だ。

そしてこれがうまくいくか大損するかは、5年か10年たたないと誰にも分からない。それまで耐える必要もある。

そのことだけに集中するのも辛いし、日経上げや米国株の順調な上げに置いていかれるのはもやもやするので、海外ハイレバ業者でもFXをやっている。

トルコリラスワップはじっくり積立てる作業だ。まあ退屈だし飽きる。

FX脳な僕はやはりハイレバFXが楽しい。

とはいえ、トルコリラに入れている何十万円もの資金を出してやるわけにも行かないので海外のハイレバFXというのがぴったりなのだ。

負けたくはないけど、負けても5千円とかにしている。
今は月に最大1万5000円まで、つまり5千円で3回チャレンジするわけだ。
でも勝てば5万とか10万もありうるのが楽しくさせてくれる。

今は上げ相場なのでドル円で数万円儲かっている。

海外FXもしっかりしているので怪しまずやってみるのもオススメ。
トルコリラスワップも知らない人からしたらかなり怪しいだろうがw

 

レバレッジ888倍で勝負!
数百円からハイリターンが得られ、入金額以上の損失は0
英国バークレイズ銀行に分別管理&信託保全されており安心(2万ユーロまで)
XMはAIGの保険にも加入しているため
市場がパニックに陥いったなどでXMが万が一破綻したとしても預金は安全。

XMは完全日本語&サポート対応で日本で1番人気のある海外ハイレバ業者。
日本の業者が世界で一番安心というわけではない。
(XMが世界一安全という意味でもないけれども)

 

   

-投資心理-FXについて思うこと

関連記事

下落を待ちきれずトルコリラ2,000通貨追加・・・

何が正しいかは分からないが自分の気持ちに負けた (なんだこの無気力になりそうな噴水公園は・・・) 高金利通貨スワップ積立てをするなら、細かいチャート変動にこだわらずに機械的に買っていけばいい。 &nb …

トルコリラ円は合成通貨(クロス)です

知っている人にとっては常識だし、今更な知識だが、知っていそうで知らない知識でもあるトルコリラ円の成り立ち。 ”トルコリラ円”の意味は、トルコリラと日本円の2つの通貨の交換レートを表すものだが、実際には …

トルコリラが急上昇しだしたらどうするか

飛び乗るか見送るか、、、判断がとても難しい。 トルコリラは今も低い価格で低迷中だが、来週にでもいきなり上昇して20円を超えていったらどうするか。 15円台まで届いた急落時のインパクトが残っているし、2 …

投資あるある・・・タラレバを聞いてくれください

トルコリラ円を買っていればよかった・・・となるのか? テンセント(中国のIT企業)の株価を見て悔しい気持ちになった。 5、6年前、まだ40HKドル台の頃に所有していたのだが、何を思ったのか変な銘柄達に …

自分が買う価格が底だなんて都合のいいことはない

今が底だ!一気に全額投資!というのは止めておこう この下げ相場だから余計に強く感じることだが、「全額投資」をしてなくて良かったなと思う。 トルコリラを知ったのは2016年の秋くらいだった。「これは良さ …

トルコリラ20円台を生き残る知恵。

トルコリラ29円後半なので気が早いが20円台定着なら やっとというか結局というか、とりあえず29円、つまり20円台だ。 30万円しか入金してないので大口の人にとっては細かい皮算用にしか思えないだろうが …

トルコリラセリクラか?15円に届くか?

暴落キター!こんなすぐ来るとは思ってなかった 結果論だけど26円で逃げといてよかった。 26円で損切った話 20円を割ってから一時17円台までいったがこれは日本人のトルコリラ買いポジションがロスカット …

2017年12月トルコリラ円積立て開始!!キタキタ!

・・・・・積立てかあ・・・ 正直な所、気が進まねえ。。。 トルコリラは今年は大ハズレだし、それだけじゃなく、今年は勇気ある者は誰でも乗れるリニアモーターカーが走っていたのに、なんだか見たことない車体だ …

トルコリラには見切りをつけてハイレバ個別株、ETF投資などを行っています。

bit.ly/3jvCeJi

FXダイレクトプラス
FX取引ならヒロセ通商へ
FXトレードは才能、センスが要るという結論で撤退。新たに長期スワップで利益獲得を目指します。

2016/10~2018/4までトルコリラ円保有後損切り。純損失は約14万円。獲得スワップポイントはトータル9万円くらい。
★2019/3トルコリラスワップ積立再開

お問い合わせ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

トレイダーズ証券[みんなのFX]