トルコリラ円積立てポジション

「安値で拾いたい」買い損ね民の葛藤をどうするべきか

トルコリラ円が32円を超えてしまい置いてけぼり感がある

北朝鮮がミサイルを発射したにも関わらず(そもそもミサイルが相場に関係あるのかないのか分からなくなってきたが)ドル円はドル高円安方向へ、トルコリラ円も32円を超えて戻ってこなかった。
これで週足も陽線だ。

長い目で見れば、29円で買おうが32円で買おうが大差はないし、スワップの撮り損ね額の方が大きくなってしまえば本末転倒になってしまう。
資金がある人やじっくり儲かればいいという人は、チャートがどうなろうが定期的に積み立てしていくのがベストなのは変わりはない。

 

「置いてけぼり感」があって買えないのは資金がないのに利益を高望みしているからだ。今買って、もし下がったらロスカットされてしまう!というのがあるから買えない。。。
まあ、まだ、悪いジンクスが多い9月が終わったわけではないし、相場の雰囲気はいきなり一変したりする
「もうこれが最後の買い場かもしれない!」と急いで飛び乗ったら急落ということもよくある。

 

最安値が29円台だから32円の今は価格が10%弱上がっただけだ。
10年20年の長期スワップが~と言っておきながら、たった10%の上昇で置いてけぼりとか言っているのはアホらしい。
ここは慌てて飛び乗らずに「下落もあるやもしれぬ」と落ち着いた感じで買い増ししていきたい。

キャッシュバックも貰える当サイトオススメのFX業者ベスト4を紹介!