トルコリラの現状と今後の見通し

息抜きで27円くらいまでは戻りそうだがその後は

24円10銭台をつけたトルコリラの弱さ

これはトルコリラ円の長期週足。

多少上下しつつも順調に下落している。
ただ、以前シミュレーションしたように、2017年の30円前後の横ばい期間辺りまでなら、長期スワップポイントで値下がり損の大部分を相殺できている可能性もある。それだけ長期スワップは大きい。

しかし、何年も保有しているのに、なんとかプラマイゼロになっても嬉しくはない。それなら適当にインデックスを買っていたほうがよっぽど儲かっているというのが現実。まあこれは結果論であり、逆に値上がりしていたならスワップに加え為替益もあるわけで、かなり大きな利益が出ていることになる。

現状は、そろそろ2~3円程度の反発もありそうだが、反発したところでその後はまた落ちるかも知れないのでなかなか買えない。
25円、26円、と値上がりして、「おお、これは、復調か、、」と盛り上がって来たところで飛びつくとまた下落というのはどんな投資でもよくあることだ。

逆に下がったら下がったでまだまだ落ちそうで買いにくい。

それではどうするかというと、やはり期間を空けて細かく拾うしかない。

新興国通貨のターンはまだ先かな・・・