トルコリラの現状と今後の見通し

損切りが増えそうなので24円は現実化するのかも

売りが売りを呼び出す流れが来そう

大きな含み損を抱えている人が増えてきたのでやはり撤退するという考えをちらほら見かけるようになってきた。

こうなると、トルコリラスワッパーは連られて逃げ出す。
”トルコリラスワッパー”に限らずどの金融商品のホルダーを見ていてもそうなるが、トルコリラは「なんとなく楽に儲かりそうだからよく分かからないまま分かった気になって買った人」が多そうな商品だからなおさらだ。

 

まあ、僕もそうだ。

ふむふむ、政情はよくないし、エルドアン独裁もよくないが。。。人口ボーナスがやってくるからまあなんとか儲かるのかもな。行ったことない国だけど。でも日本より人口ピラミッド的に期待できそうなんだよな。遠い未来に。

 

という感じだったと思う。今も見方は大して変わっていない。
このようにトルコリラのことを分かっているようで分かっていない状態で買っている人が多いとは思うが、大部分の人は今の2018年ではなくもっと先のトルコリラに期待して買ったのだと思う。

未来が期待できるといってもロスカットラインを超えてくるほど下がってしまえば維持も出来なくなるが、成功するかしないかはやっぱり5年、10年待ってから判断するような通貨なのではないだろうか。
なので、余裕資金で変動が気にならない金額で投資し。後はほぼ放置するというのがトルコリラスワップにチャレンジしてみたいという人にはオススメだ。

余裕があれば下がる度に買い増しというのもいい。
しかし、損に損を重ねる状態にもなる可能性があるので勇気がいる。

 

今から始めるならば25円で資金の半分を投入。
20円で半分買い増し。(20円まで来なかったら買わない)
20円を割ろうが上がろうが5年は放置。

はどうだろう。

ドルコスト平均法的に細かく買っていく方法を忘れていた。
24円、23円、22円と1円刻みで資金の1割ごとを買っていく方法もとてもよい。もしくは20円が底!と勝手に決めて、20円で一気に購入!
20円まで来なかったらトルコリラには縁がなかったということで違う投資をするのもいいかもしれない。