トルコリラの証拠金・スワップなど運用シミュレーション

米株ブームが来てるが低資金ならトルコリラスワップのほうが熱い

株は大金がないと大儲けは出来ないし年数もかかる

米株ブームが来ていた。来ている。いやこれからだ。

どれに当てはまるかは分からないがS&P500やNYダウの上昇が凄い。
過去チャートを見るとキレイに無理のない角度で上がってきている。
なんという安定感だろう。

 

NYダウ

S&P500

ヤフーファイナンスより
https://finance.yahoo.co.jp/

 

左の方の下落している部分はおなじみリーマンショック。
振り返ると「なんであの時全力で買っておかなかったんだ!(怒)」
と悔しい思いでいっぱいになるが、ドルは擦りまくってオワコンだし・・・と思えてとても買えなかった。買っていたとしてもどこかで売っていただろうというのはリアル妄想の定番。



 

トルコリラのスワップ積立作戦と比較するため、タイミングよくリーマンショック直後の大底で仕込めたという神がかった前提にする。

NYダウでみると2009年の8,000円くらいが底だ。
それから2017年現在22,000円まで8年かけて2.75倍になっている。
さらに毎年配当金が入るとして年利2~3%くらいはあるだろうか。まあ手数料とか引かれるけど。贔屓目に見て、さらにハンデとして毎年の年利3%で計算してみよう、太っ腹!

次に購入金額だ。いくらがリアルだろうか。
100万円はありきたりだし200万円にしよう。

そう、我々は2009年のリーマンショック(2008年)直後の大底8,000円という価格で、200万円をNYダウに投資したのだ。さすが。
デロリアンで昔に戻れるならリーマンショック直後なんかとてもいい時期だね。いや、今の知識を持って戻れるなら大学合格直後のほうがいいな。それより遡ると学校行くのだるいし。まあそれはいいや。

 

トルコリラのスワップとNYダウ。どちらが増えるか。

そして現在!あの200万円はいくらになったのか。
結果を見ると大雑把だが金利も全て再投資しておよそ664万円!

綺麗な右肩上がりなので毎年2,000円ずつ上昇という前提で計算した。
間違っているかもしれないがまあ雰囲気ね。あと為替変動は無視ね。
トルコリラ円のスワップシミュレーションでも為替変動は無視してるしね。

200万円が664万円なので3倍以上。
すごいけど、人生変わるほどではない。

これが2,000万円から6,640万円とかならだいぶ違うんだが、やはり元の資金が大きくないと2倍3倍しても大したことがない。

この時点で、資金200万円ぐらいからならトルコリラ円のスワップ積立てのほうが圧倒的にリターンが大きいというのが目に見える・・・
スワップ積立てにはロスカットという罠があってNYダウよりハイリスクだからその分リターンが大きくないと不公平だから当然といえば当然。

 

トルコリラ円のシミュレーションならどうなるか

200万円入金して200万円分全力でトルコリラ円に充てて8年ロスカットされないというシミュレーションは現実味がないから止めておく。じゃあ、200万円入金して100万円分トルコリラ円を8年保有するシミュレーションは許されるかな?

それで計算すると、TRY/JPYを78枚(78万通貨)保有できる。
スワップ112円で計算するとスワップ総額は2,550万円www

やばいな・・・トルコリラのスワップを長期で計算するといつも計算間違いかと思ってしまう

  投資資金 8年後の総資金
NYダウ  200万円  664万円
トルコリラ円  200万円
(100万円)
 2750万円

 

キャッシュバックも貰える当サイトオススメのFX業者ベスト4を紹介!