投資心理-FXについて思うこと

自分が買う価格が底だなんて都合のいいことはない

今が底だ!一気に全額投資!というのは止めておこう

この下げ相場だから余計に強く感じることだが、「全額投資」をしてなくて良かったなと思う。

トルコリラを知ったのは2016年の秋くらいだった。「これは良さそうだ。投資金額に対してリターンが大きいし、何よりここまで下げているのはチャンスだ!」と判断し、すぐに口座を作り、すぐにポジションを持った。

その時の価格は32-33円くらいだった。
今の価格は28円半ばなので、4-5円下がっていることになるが長期スワップ目線で見ると誤差と言っていいだろう。

しかし、長期目線ではなく単純に現在の状況はというと、今までスワップポイントを得ているにも関わらずトータルで6万円弱のマイナスである。
スワップポイントがトータルで6万円くらいあるので、それがなければマイナス12万円になっているわけだ。

 

スワップポイントは大きい…..ありがてえな。さすがトリコリラ…..

 

いやいや、資金を1年以上も寝かせてマイナスなのかと。

 

もちろん、損失が出ているのはタイミングを誤ったせいで自己責任だ。何よりも高利率なスワップポイントのおかげで傷が浅くなってるので感謝するべきかもしれない。

でもマイナスはマイナス。投資としては今のところ失敗感が漂う。
特にフルで投資している人は痛いだろう。こんなときに余剰の追加資金があれば戦略が全然違ってくる。追加購入して平均取得価格を下げることができる。いわゆるナンピンというやつだが、ドルコスト平均法と呼ぶほうがなんか格好いいかもしれない。厳密には違うのだが、分割して購入する行為は同じなのでまあ似たようなもんだろう。

 

 

とりあえず、どれだけ底に見えても、一気に買わず分割して買うようにしよう。
スワップポイントを狙う人はみんな長期で見ていると思う。
そう、数年単位先の話だ。4年、5年、10年くらいポジションを持つかもしれない。
そんな長期スパンの中で、自分が買う価格が底だなんて都合のいいことはあり得るだろうか?

そんな神業的なことはほぼないのだから下落を見据えた分割購入をオススメする。

昔、シミュレーションしたときは、買うのが1日遅れると1日分のスワップポイントを取りこぼすので早く買ったほうがいいと思ったこともあった。
その理屈は間違ってはないだろうけど、「投資は結果が全て」と考えると間違っていたことになる。

 

ただ難しいのは、ここ1年の過去を振り返って理屈を言ってるだけなので、「1日でも早く一気に買う」ということが正解になる未来も来るかもしれないと言うことだ。本当に今が底かもしれないし。

まあでも上がんないだろうな、、、ファンダも悪いし。