投資心理-FXについて思うこと

買いたい気持ちが抑えられなくなったタイミングで買うとよく下落する

崩れそうで崩れないアメリカの相場やドル安方向への流れを見ているとトルコリラを”今一気に買ってしまいたい”という気持ちになる。
ドル円は昨日、112円台に一時戻したが。

 

安全なんじゃないか?やっぱいけるんじゃね?

 

と皆が考え出してからしばらくすると、ガクッと下落することが多い。
今はかなり買ってしまいたい気持ちに個人的にはなっているので、この夏に下落局面があるのではないか。
しかし、相場は誰かに見られているかのように、「自分が買ったら下落」「我慢したら置いてけぼり」ということがよくある。(下手なだけだが)

”なんだか調子がいいな、逆にそろそろ危ないのかも”と気づいてしまったので、このまま気持ち良く上がっていくのかもしれない。

まあ、そういう欲張った考えを無視して定期的にコツコツ小さく買っていくのがスワップ派なのだ!と書いたしそれがスワップで生き残りそこそこ成功するコツだと思うので我慢する・・・・

 

 

相場心理の本では、常人がしたくないし怖いと思うことをするほうが投資では成功しやすいということが書かれている。

一気に買いたいから、我慢してちびちび定期的に積み立てていく・・・