高金利通貨としてメキシコペソもチェックしておきたい

メキシコペソ円の金利は高く、チャートは安値圏

トリコリラと同じような高金利通貨としてメキシコペソが続いてブームになりそうだ。
共に政情不安定なリスク国という面で似ている。
まあリスク国だから金利が高いのだよな。
現在の金利はトルコリラが8%メキシコペソは7%

トルコリラは現在31円で過去最低水準で推移している。
一方のメキシコペソだが現在6円台。
それが安いのか高いのか分からないので過去のチャートを見てみよう。


Investing.comより
https://jp.investing.com/currencies/mxn-jpy-chart

2007年からのチャートを振り返るとこちらも安値圏を推移している。
2008年のリーマンショックで急落しているチャートの形はトルコリラ円と同じだ。
最安値4円後半から6円前半まで上がってきているのでトルコリラよりは少し力強い印象を受ける。

 

メキシコペソ円とトルコリラ円の証拠金、スワップポイント比較

メキシコペソ円はまだ取扱業者が少なく現在のところ2社だけがメキシコペソ円を取り扱っている。ただ、10月には「くりっく365」が取り扱いを開始するので3社になる予定。

 

マネーパートナーズ (2017年7月~)
IG証券 (2017年4月~)
くりっく365 (2017年10月予定)

 

先行しているマネーパートナーズ、IG証券の2社も今年に取り扱いを開始したばかりで、FX業界にとって非常に新しい通貨ペアである。

 

この流れだと他社も続々メキシコペソ円の取り扱いを開始するという流れになるだろう。
そうなると、スワップも現在より高くなってくると思う。

 

比較は近日中に更新予定