トルコリラの現状と今後の見通し

2017年1月4週目スタート トルコリラにとって大きな指標イベントも

年明けから、はや1月も4週目になりました。

今週金曜日には「フィッチ社トルコ国債格付け」が発表されます。
ジャンク扱いになると30円台を一気に割り込み20何円台の世界に移行することになると思うのですが
果たしてどうなるか。。。

相変わらず細かな指標もさして良いニュースとうものがなく、エルドアン大統領が、ISIS、クルド人の連中と昨日、
イスタンブールのバーで飲み明かしちゃってさ~的なフレンドリーなものがないと、ピリピリしたままです。

ピリピリした緊張感と、あまり良くならない経済指標、人口ピラミッド的に将来は期待されている、そんな感じ。