トルコリラの現状と今後の見通し

24円台突入・・・!これがトルコリラの現実・・!

トルコリラ円が24円台になってしまった

まあ、4月に一時撤退しておいてよかったなあとしか思えない。
ドル円は110円を超えてきたのにトルコリラ円が下落しているのは、ドルトルコが相当上昇したということだ。

言葉にするとややこしいがこういうこと。

ドル 強い
円  弱い
トルコリラ つらたにえん

つらたにえんを使いたかっただけだが、とりあえず弱くてヤバイということだ。(トルコリラ円スワップから一時撤退した記事はこちら。)

 

トルコの最近のニュースは見るのが面倒くさいので見てないが、まあ悪いニュースが多数だろう。これは昔から変わらない点だが。

世界的には、新興国から先進国、主にアメリカ、中国へ資金が大きく流れている状態。今からトルコやメキシコに投資するのは流れに逆行することになる。
もちろん、「人の行く裏に道あり花の山」という織田信長の名言にもあるように、投資で言えば、人が集まってから行くのではなく誰もいない時に仕込んでおかなれば儲からない。仮想通貨もそうだった。今、アメリカブームが来てるなら逆に、低迷しているトルコリラに投資するのも面白いのでは?と考えるのもおかしくはない。

というか、一昨年に実際にそう思いトルコリラスワップを始めた。長期スワップスタイルなのに1年半というごく短い投資期間を切り取って言うのはおかしいが、まあ損したよね。
先取ったつもりが、いや、先取れたほうなのかもしれないが、来る人(トルコへ投資)より出る人(トルコから資金引き上げ)のほうが多かったというだけの話なのだ。

今後、人が押し寄せてくるか?といえばまだではないか。
でも、本当に長期で見るならやっぱりトルコ=トルコリラは魅力的に見える。10年後とか楽しみでしか無い。
しかし、投資機会の損失を考えると辛い部分がある。

・・・・・!


ひとつ根本的なことを忘れていた!

 

”投資機会の損失”とか格好いいことを書いたが、こういうのは投資で儲けられる人が言うことで、投資機会を得ても損を出してしまうから、スワップポイント投資に興味を持ったんだった・・・

上げ下げで利益を取れるならスワップポイント投資はやっていない。
みんなもそうだろう。

チャートが下落してもスワップポイントは毎日発生するトルコリラ円。ここ最近(いやずっとか)スワップポイントが増えるのより下落のほうが早いので全員含み損を抱えているような投資なのだが魅力はある。

いや、多少の上下動に目をつむれるのなら配当3-5%くらいの株買ってるほうがいいんでは??

 

ここははっきりしたいのでシミュレーションだ!

 

100万円あったとして、100万円の株で配当は年間3-5万円か。

100万円あったとして、トルコリラ円を10枚買ったとして、証拠金が13万円。87万余裕があるから、8.7円までの下落はセーフ。

この状態で1年経つとスワップポイントは85×10×365=310,250!!

31万?!100万預けて8.7円下落の余裕を見ても31万ももらえるのか!

株の配当とかしょぼいな。
トルコリラスワップ最高!という結果になってしまって困る。