トルコリラを扱うFX業者・FXの仕組み

FX?トルコリラ円?スワップって何?基本的な疑問を解明

FX歴が長いので当たり前のように書いていたが、何もかもわからない人もいると思うので今更ながら解説。

 

FXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれる。価値が変動する色んな国の通貨を売買して差益を稼ぐ金融商品である。

 

例えば「米ドルの価値が上がり、日本円の価値が下がる」と思えば、日本円を売って米ドルを買う。ポジションとしては”USD/JPYを買う”ことになる。ドル円チャートが110円から120円になったら10円分の儲けが得られるわけだ。

 

レバレッジとは

10円というのは為替ではかなり大きな変動幅である。

しかし、手元に資金が1万円しかないとする。1万円で買える金額で110円分のドルを買って、120円になったタイミングでドルを売って円を買い戻せば10円分の差額の利益が出るが、1万円しか投資していなければ1,000円に満たない利益しか生み出せない。
しかし、レバレッジが100倍だと1万円が100万円の意味を持つ。

証拠金1万円で100万円分の通貨を買い、それが10%値上がりした場合110万円になる。利益は10万円となる。つまり1万円の投資で10万円を得たということになる。逆に値下がりした場合は、証拠金として出資した1万円が持ち金なので、100万円の商品が99万円になった時点で取引終了となるわけだ。

 

このレバレッジは為替差益だけではなくスワップポイントにも適用されるので、トルコリラ円の場合、13,000円という証拠金だけで1万通貨所有できる。

 

トルコリラの1万通貨といえば40万円相当になる。しかし、レバレッジのおかげで証拠金は13,000円だけで済み、スワップポイントは40万円分のトルコリラのスワップポイント、毎月3,000円が貰えるという仕組みだ。

 

スワップポイントとは

スワップポイント言うのは通貨間の金利差で生まれる利子である。

なので保有する通貨ペアによってスワップポイントは異なる。

超低金利の日本円と高金利のトルコリラは大きなスワップポイントを生み出す組み合わせである。先に書いたようにレバレッジがかかっているので、証拠金と比べると年率276%近くになる。
※13,000円の証拠金で毎月3,000円×12=36,000円

 

スワップポイントすげえ。