トルコリラの証拠金・スワップなど運用シミュレーション

TRY/JPYタラレバスワッパー「20円台の頃に買えてタラな~」

5年後、10年後のトルコリラは・・・

今は総悲観だけれども、5年後、10年後は分からない。
5年後、10年後なんてドル円やユーロ、日経や金や仮想通貨もどうなっているかまったく分からない世界。

 

5年後にトルコリラ円が40円になっていたとしたら・・・
24円の頃を知っていた身としては悔しい思いをするだろう。

友人・知人「トルコリラが儲かるらしいよ。なんかスワップがどうのこうので」

儲けたやつ「毎月スワップうまいわww 情強の俺は素早く30円で仕込んだからなww」

いやいや、20円台の頃、俺持ってたしな!

と言っても、手放してしまっているのでスワップはもちろん入らないし、40円までの為替益もない。残っているのは5年前に数十万円損切った思い出だけ。

仮に5年前・・・そう、今のことだが、24円でトルコリラ円を買っていたらどうなっていたのだろうか。

 

シミュレーションの枚数はとりあえず20枚にしよう。

いつもの10枚でもいいのだが、シミュレーションした結果、意外としょぼいな。となったらがっかりなので多めに20枚だ。

スワップポイントは現在80円台が主流だが5年の間に変動するだろう。5年後にトルコが経済的に成長しているとしたら金利は今より落ち着いているので日本との金利差は縮小するだろう。5年平均70円/dayと見ておこう。

まとめると
『トルコリラ円20枚。スワップポイント70円。為替変動24円→40円』という前提だ。

スワップポイント 70円×365日×5年×20枚=2,555,000円・・・

250万!!なんかもうこの時点で凄い。

為替変動  値幅16円×20枚=360万・・・・

360万!!

合計610万円となる。

5年で610万円なので「うおお!!物凄い!」ってほどではないが、十分喜べる金額だと思う。

利確しないとすると、含み益610万円がある状態で、毎月スワップが42,000円あるという状態。

 

そして現時点でトルコリラ円を20枚持つために必要な証拠金は約13000円×20枚で26万円。若干の為替変動を考慮して100万円弱あれば安心だろうか。
100万円あれば、3円以上耐えられる。
3円だけかよ!と思ってしまったが、月に2枚ずつ10ヶ月に分けて買えばかなり安定感は増すだろう。

今の下落で苦しんでいるのは、スワップに目がくらんだ一括まとめ買いや、分散したものの、もう買いきってしまった人が多い。とはいうものの、こんな何年もに渡る一方的な下落は想定外だし分散が甘いとは言えない。下落し続けたら割り切るしか無い。資金が保証される投資はどこにもない。

シミュレーションした100万円は大金なので50万円で考えると、5年経っても50万円の貯金は50万円のままだが、50万円を損する覚悟でトルコリラ円に投資をしたら、5年後には含み益が300万円。毎月スワップが2万円もらえる状態になっている可能性があるな~という話だ。

 

これが魅力的かどうかは人によるだろう。

今なら仮想通貨5銘柄に10万円ずつでも面白い。