トルコリラの現状と今後の見通し

トルコリラのスワップで大儲けした人はまだいない現実

だってトルコリラ円は歴史上最安値付近だからね。はは。

トルコリラって何?スワップで儲かるんでしょ?と期待して見ている人にはショッキングなフレーズかも知れないが「トルコリラのスワップポイントで大儲けした人はまだいない」のが現実。

それどころか、為替損益で大きな含み損を抱えている人が大半だろう



トルコリラのスワップポイント狙いが駄目という訳ではない

これはトルコリラスワップだめじゃん・・・という話ではなくトルコラ円は何年も右肩下がりで下落してきて現在がトルコリラ円の最安値付近の相場だからだ。

どこで掴んでも含み損の方が大きくなるようなチャートなのだ。
だから、今現在スワップポイントで大きく稼いでいる人はいない。

ここ最近のレートは30円近辺。ここが底という保証はもちろんない。
画像は2010年ー2017年の月足チャートだが、そろそろ底入れしまっす!的なチャートにも見えなくない。すごく危険。

ただスワップポイントはやはり大きいので、今の100円/dayほどのスワップポイントなら3年前後で元が取れる計算だ。なので細かいことを言えば、2012年の42円でポジってロスカットされずに耐えている人がいれば、12円落ちてるがスワップポイントで元は取れていると思う。仮に10枚持っていたら為替損失は120万円。5年で稼いだスワップは160万ほどという計算だ。

このチャートでもプラマイゼロになっている可能性があるというのは逆にすごい。
ある意味魅力的だ。もし上昇チャートに切り替わったら・・・という期待がやはりある。

ロスカットには気をつける必要があるが、基本的にスワップポイント派にチャートの上下動は関係ないというのが持論だけれども、上昇すればやはり嬉しい。まだほぼポジってないけど。

今のトルコの現状は、暴君的なエルドアンが大統領になり、テロも頻繁、ISIS、労働党、シリア、、その裏のロシア、アメリカなど複雑なので政治的問題も解決する気がしない。
でも最悪な時こそ好機でもある。これ以上の悪化はなさそうな気がするから。

経済的には期待できる数値がトルコにはある。

若年層が多いので労働力はどんどん増えるし、世界各国からの投資も順調に増えている。そもそも西と東をつなぐ要だ。どうやっても経済的に発展するのでは?と期待してしまう。

為替の下限を見ればキリがないが20円まで耐えられるようなポジション取りをすれば美味しいかもしれない。

20円まで耐えるトルコリラスワップ投資法記事

 

”トルコリラのスワップポイントで大儲けする人”というのはこれから生まれて来るタイミングと言えなくもない。今このタイミングでトルコリラに興味を持ったあなた!とか(胡散臭い)
投資で大きく成功する人は誰もが見向きもしない、また否定ばかりしてくるタイミングで勝負した人ばかりだ(株とかね)

現状

「駄目だろ、トルコリラは危険(ネットの声)」
「トルコリラの見通しは暗いと言わざるを得ない(経済評論家)」
「マジ危険。トルコリラゎ損するんだって。(ギャル)」

これはチャンスのシグナルでは・・・

トルコリラのスワップポイントを重視した当サイトオリジナルおすすめFX業者ランキングはこちら